採光拡散レースカーテン|室内が暗くならず明るい光を採り入れる

採光拡散レースカーテン

レースカーテンを閉めたら何だか部屋が薄暗い…とお悩みではありませんか?

そのような方におすすめの「採光拡散」と呼ばれるレースカーテンがあります。

ちょっと難しい名前ですよね。一体どのような機能があるのでしょうか。

今回は、「採光拡散レースカーテン」をご紹介します。

採光拡散レースカーテンの特徴

d7535 採光拡散レース

 光の透過性と拡散性を両立

採光拡散レースカーテンは、糸のタイプや織組織を工夫した特殊な糸を用いることで、光の透過性と拡散性を両立させた商品です。

窓から差し込む光を広範囲に拡散させ光の偏り(照度差)を軽減するので、お部屋の中が暗くなりにくいのが特徴です。

日中室内にいるとき、窓の近くは明るいけれど部屋の奥が薄暗くなってしまうことがありますが、このような環境では昼間でも電気をつけて過ごす方が少なくありません。

採光拡散レースは、こうした室内照度の偏り(明るい所と暗い所)を軽減し窓からの光を拡散させることで、お部屋の中を柔らかな光で包み込むので、電気代の節約につながるケースもあります。

通常のレースカーテンと比べても部屋が暗くなりにくい

一般的なレースカーテンでも光を拡散させる効果はありますが、拡散性の高いものは生地が厚くなり、採光性が低くなる(暗くなる)傾向にあります。

そのため、両方の機能を確保するのは中々むずかしいと言えます。

これに対し採光拡散レースは、薄地ながらも明るさを維持し光を拡げる効果があります。

プライバシー保護

また、ウェーブロンという特殊な原糸を使い、外からの視線をほどよく遮ることができるのも特徴です。

一般的に、外からみえにくいということは室内も暗くなりがちですが、採光拡散レースは特殊な素材によって外からのプライバシーを守りりつつ明るさもキープできるという嬉しい機能が魅力です。

その他、日中のプライバシー保護に役立つミラーレースの場合は、素材によって光を通しにくいものがあるため、明るさを採り入れたい時には「採光拡散レースカーテン」がおすすめです。

カーテンなし

カーテンがついていない窓

ミラーレース

ミラーレース

採光拡散レース

採光拡散レース

このようにミラーレースと比較しても、採光拡散レースは外からのプライバシーを守りつつ室内の明るさを維持することができます。

採光拡散レースカーテン

d7530 採光拡散レース

伸びやかなウェーブ柄が心地よいUVカット付き採光拡散レースカーテン

d7529 採光拡散レース

大きなリーフ柄がアクセントの採光拡散レースカーテン

d7526 採光拡散レース

スパン糸でナチュラルさを表現したUVカット付き採光拡散レースカーテン

最後に

明るさを維持しながら光を広範囲に広げることができる、採光拡散レースカーテン。

お部屋の方角や立地条件によっては、効果を発揮しづらくなるケースも考えられますが、日中でも部屋の奥が薄暗い…とお悩みでしたら、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です